新しい住宅ローン選びの形、
ユーザーに常にベストな選択を

採用TOPへ戻る

MESSAGE

代表取締役 CEO

中山田 明

NAKAYAMADA AKIRA

当社は、オンライン上で最適な住宅ローンを提供する
日本初のオンライン・モーゲージ・ブローカーです。

テクノロジーを駆使して住宅ローンユーザーと金融機関を効率的に結びつける新しいフィナンシャルサービスに取り組んでいます。

そのような皆さんの疑問に答えるサービス、真に借手の立場で最適な住宅ローンをアドバイスしてくれるサービスがあればいいと思いませんか。

住宅ローンは人生最大の借り入れであり、家計に最も大きなインパクトを与える金融商品です。
にもかかわらず、これまで日本ではユーザーサイドに立って最適なローンを選んだり、申し込み手続きを代行したりするサービスがありませんでした。
また、多くの人がよく分からないまま住宅ローンを申し込み、結果として審査で否決されるという状況も生じています。
ファイナンスとして非常に非効率な状態であり、改善による大きな収益機会があります。

まもなく、不動産をオンライン上で簡単に購入できる時代が来るでしょう。
その時に住宅ローンはどうなっているのでしょうか。
おそらく、不動産購入と同時にユーザー属性に応じて最も条件のいいローンが自動的に選ばれ、瞬時に提供される、そういうサービスになっているはずです。

さらに住宅ローン審査で使う情報を基に、ユーザーにとって最適な保険や運用商品までもが自動的に提供されるようになるでしょう。
当社は、そういう将来を見据え、「真にユーザーサイドに立った新しいフィナンシャルサービスを作る」ことにチャレンジしています。

取締役 COO

塩澤 崇

SHIOZAWA TAKASHI

自分は何がしたいのだろう?
自分はどういう人生を歩みたいのだろう?

私はMFSを各メンバーの自己実現の場にしたいと思っています。
「メンバーひとり一人がやりたいことを見つけてそれに向かっていきいきと働いてほしい」、そう願っています。

なぜこのような思いに至ったかというと、それは私のキャリアが根底にあります。

新卒でモルガン・スタンレーに入社し、新しい金融商品を作るという希望に満ち溢れた毎日でしたがリーマンショックとともに崩壊。
退職を余儀なくされ、自分のキャリアを見つめ直すきっかけとなりました。

私が至った結論は、高い給与やステータスを追い求める他人の期待に生きる人生ではなく、自分のやりたいことをやる=100年続く会社を作り上げるでした。「自分がいたからこそ世の中が良くなった」が感じられなければ、何のための人生だったのか虚しくなると思ったのです。そして、代表の中山田とともにMFSを立ち上げました。

私自身がそうであるように、MFSを各メンバーが自己実現できる場にしたいと思っています。もしMFSの事業内容や働く人にご興味を持たれたり、自分がやりたいことをやれるかも知れないと感じたら、ぜひ一度私とお茶でもしましょう。そして、MFSの他メンバーにもお会い頂ければと思います。

執行役員 CFO

平山 亮

HIRAYAMA RYO

全ての事象を当事者として最高に楽しむ。

「自分の仕事で世の中がよくなるのだろうか?よくなっているのだろうか?自分は何に役立っているのだろうか?」
大企業で働いている中でいつからかそう思うようになりました。

スタートアップ企業に飛び込むことに不安がなかったというと嘘になりますが、この会社、この人達と働いて世の中が便利になるなら最高だなという思いを感じられたことに偽りはありません。

今一歩踏み出すことに勇気が出ない、相談してみたいという方がいらしたら、お気軽にご連絡いただければと思います。不安より楽しみが勝る。そんな世界でご一緒できたら最高です。

採用TOPへ戻る